最近のトラックバック

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« タニタ8日目 | トップページ | タニタ9日目 »

2013/10/27

記憶の記録

この数ヶ月、あまり体調が優れませんでした。
お察しの通り・・・妊娠しておりまして。

しておりまして???
そうです、過去形です。

残念ながら今回は、『繋留流産』でした。
3人目の妊娠なので、知識はきちんと備わっており・・・
先生から告げられたときは、ショックを隠しきれませんでしたが
取り乱すこともなく、きちんとその状況を受け入れることができました。



ただ・・・妊娠がわかってすぐに家族とともに出産までの10ヶ月を
楽しみたかったので、すぐに打ち明けていました。
それを子供たちも喜んでくれていました・・・それだけが。
6歳と3歳の子供にどう話したら、うまく伝わるのか。。。
それを思うと非常に辛かったです。。。


子供たちには、
「赤ちゃんは、パワーを忘れてきてしまって、一旦お空に戻ることになりました」
と伝えました。
もちろん「なんで~Σ(゚д゚;)~!!!!」
でしたが。

地球で生きていくには、ものすごいパワーが必要で
生まれてくるときには、びっくりするくらい、赤ちゃんもお母さんもパワーが
必要なんだと。
あまりにも2人に早く会いたくて、きっとお母さんのお腹に早く来過ぎちゃったんだね・・・。
だから、またパワー持ったらすぐに戻ってくるよ!
と丁寧に話をしたら、2人ともわかってくれました。
そして、また我が家に赤ちゃんが戻ってきてくれるのを子供も私も夫も・・・
そして家族が全員とても楽しみにしています。

実は、2人の子供は案外と計画的にすぐにできたので、
自分の身にこんなことが起こるなんて思いもしなかったのです。
自分自身の妊娠を安易に考えていたのかも知れません。。。

それまでは、繋留流産という言葉も知らなかったですし
こうなった場合に次の妊娠までどうなるのかも皆無でした。


3回目の受診で心音が聞こえなく、
翌週再診。残念ながら、再確認は出来ませんでした。
自然に出てくれることを望みましたが、リミットは近づき
あえなく、手術を受けることになりました。


自分としては、簡単と言われても、静脈麻酔をして意識がない中で
手術を受けるというのは、とても受け入れがたく、怖かったので、
したくなかったです。
ただ、これに関しては様々な見解があるようで、
仕事をしている人は、いつ出るかわからなく不安な日々を過ごすよりも
手術を受け、翌日には普段通りの生活ができるという事を選ぶことも多いようです。
さらには、薬で出すということも。
海外では、薬が主流らしいですが、日本は、保険の問題そして
1度ですべてが出ない場合のデメリットなどもあるようです。


時代は、流れているので、今日記した私のこの内容も
あっという間に、常識が変わり、繋留流産の処置も変わるのでしょうね。。


最終的に手術を受けるまで、つわりはありましたし
本当に心音がないのかなんて、信じられなかったなぁ・・・。

術後2週間での再診で、先生に「自然淘汰でしたね・・。こればかりはお母さんの責任は何もなく、染色体に異常があったのだと言われていますが、それも本当かどうかなんて調べることすらできないんですよ・・・」と言われ、体から何かがすーっと流れた気がしました。


妊娠って・・・本当に神秘的で、命って授かりものなのだと思いました。
今いる2人の子供を授かったことに、心から感謝して、愛情を存分に注がなければならないのだと、改めて思いました。
そして、流産は、意外にも身近だったこと。
更に、子供が既に何人いても、悲しさは変わらないということ。
命は1つ1つがとても大切だということ。
私は、寂しい思いをしたけれど、同じように悲しみや寂しさを分かち合う家族がいてくれたことに感謝。。。
とても私に気を使ってくれた夫には、心から感謝です。
一つ一つの言葉を選ぶように、一人悲しむことなく、一人明るく励ますでもなく
私の気持ちを察するように慎重に言葉を選んで話をしてくれた夫。
そんな様子がとても伝わってきて、結婚10年目を迎えてもお互いを思いやる気持ちを持ち続けていられていることを嬉しく思いました。

子供が大きくなり、迷いを生じた時に、私の生き方、考え方を知って
少しでも力になってくれたらと思い、この経験を書き留めることにしました。
もしも、見知らぬ方たが、繋留流産を不安に思い検索して私のブログに
引っかかったら、参考にして欲しいです。


ウェブ上のことは、自分にとって大きな経験だったこと、
(それが良くても悪くても)が記されることが多いと思うのです。
だからもの凄く辛かった、もの凄く痛かった、もの凄く耐え難かった
という記事を読んでもそれだけを信じないで欲しいです。
驚く程多くの女性が流産を経験していて、また命を授かっているようです。
だから、情報に左右されず、自分にとって前向きになれる情報を信じて
時を待って欲しいです。。。
私も、お空に戻った子を、もう一を受け入れる準備をしたいと思っています!!


我が家は、計画妊娠なので、次の妊娠がうまくいった場合で
当初の計画よりも5ヶ月くらい出産時期にズレが出てくると思います。
そう・・・たとえ健康的な人でも、流産発覚から次の妊娠までそのくらい
時間がかかるということです。





余談ですが・・・。
私は、手術をした数日後、氏神様がいる神社に家族で行きました。
お寺でお参りをする方も多いようですが、私は同じ子が戻ってきて
くれると信じて、氏神様のいる神社で、
「早く戻っれこられますように・・・」と祈ってきました。


もう一つ・・・。
繋留流産は、医療保険が出るケースがあるので
加入している保険が適用になるか、チェックしてみると良いと思います。
保険がききますが、手術はそれなりにお金がかかりますので
自分の加入している医療保険が適用されると非常に助かりますよ!










 

« タニタ8日目 | トップページ | タニタ9日目 »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
お久しぶりです。
つらい思いをされましたね。
実は、私は初妊娠は繋留流産でした。
その時は、どんなことがあってもしがみついていて欲しいと泣きながら祈ったこと、もうダメだとわかった時の喪失感は今でも忘れません。
なんで私なの?なんで?と毎日泣きくれて、自暴自棄になったりしたけど
支えてくれたのはやはり旦那でした。
今では、神様が私に経験させてくれたのだと思ってます。
あの時の赤ちゃんが命をかけて、私にいろんなことを教えてくれたのだと。

ブログを読んで涙が出ました。
きっときっと戻ってきますよ!
ちゃんと時期を見計らって、戻ってきますよ!
今は身体を休めて、戻ってきたときに居心地の良い環境を整えてあげてください。
ゆっくりゆっくり。
大丈夫!

ひなたさんへ。

お久しぶりです!
時々お邪魔させていただいております♪

お互い、子供たちが大きくなりましたね(^O^)
もう。。。小学生になっちゃいますね!


コメントありがとうございます。
とても嬉しかったです。それとともに、心が痛くなりました。
ひなたさんは、初妊娠での経験だったのですね。
これは、本当にキツい。
辛すぎますね。


このブログをアップしてから、大切な友人たちに
流産経験者がとても多いことを知りました。
本当に驚く程多いのだと・・・。

みんなとてもいたわってくれて、素敵な言葉をかけてくれます。
その言葉には、重みがあって・・・自分が素敵な友人に囲まれていることを
改めて知ることが出来ています。
もちろん、ひなたさんもその中の1人で・・・。

自分は本当に素敵な友人を持っていると、幸せな気分になりました。


しかし・・・一方で身近な人間にびっくりする言葉を投げられたりもして・・・。
・゜・(ノД`)・゜・
なんでこんな言葉を身近な人間に投げられなきゃならないんだろうと
腹も立ちましたが、『大人になれ!大人になれ!修行じゃ修行じゃ!』と
唱えまくりました。

おかげで、あまり恨むこともなく、逆に優しくなれて自分が少し大人になれたのかも
と自身を褒めてあげられるようになりました。。

人生、いろいろありますね(^_^;)


素敵な言葉ありがとうございました。
辛い経験を思い出させてしまって、スミマセンでした(>_<)
では、またお互い同じ空の下で、頑張りましょう!!

お久しぶりです…。
体はもう大丈夫ですか?
赤ちゃんも…たくさん頑張りましたね。ゆっくり休んでほしいな…。

こんな時、なかなか言葉が思い浮かびませんが…、
でも一声掛けたい!!と思ってしまいます…。

私事ですが…、チビ二人(小5娘・小1息子)います。
二人とも帝王切開で産みましたが、その時の事を思い出しました。
「この日にホントに産まれてきたかったのかなぁ…。」とか、
「普通に産む・・・ってどんな感じかなぁ…?」とか。

生命を産む…って本当に自分の力だけではどうにもならない瞬間があるというか…。 
  うまく言えなくて…ごめんね。

空き地さんへ。

コメントありがとうございます!
声をかけたくてなんて、嬉しい限りで・・・。
本当にありがとうございます♪


空き地さんは、帝王切開で出産されたのですね・・・。


帝王切開での産後は、とても大変だと聞いたことがあります。
だって・・・手術ですもの・・・。
私は自然分娩だったので、帝王切開のキツさがわからないのですが
想像し言えない、恐怖があります(>_<)


しかもお2人も・・・。
尊敬しかないですよ~!!!


今となってみれば、出産の痛みなんて、頭でしか覚えていなくて
やっぱり、育てる方が何十倍も何百倍も大変だと思っています。
空き地さんと出産方法は、違かったけれど、同じように子育てを
しているものとして、どこかで同じように感じる瞬間があるのかもしれないと
思うと、とっても嬉しいですし、強くなれる気がします。


ブログで知り合って、こんなふうに経験談を聞くことができて
とてもしあわせです。。。


ありがとうございます♪
とても力が湧いてきました!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タニタ8日目 | トップページ | タニタ9日目 »